衛生管理について

衛生管理について

ヨコミゾではHACCP対応型工場で食品衛生管理や安全性に力を入れています。ライン工程を自動化することで細菌の繁殖や異物混入を防ぐ工夫をしています。工場内の温度は、具材の品質を保つために18~20℃前後に保たれています。製造工程の定められた各ポイントで製造中の商品の温度(芯温)チェックを行っています。また、作業スタッフに講習会を行い、食品衛生に対する意識の向上に取り組んでいます。
また自社内だけではなく、仕入先や、原料加工業者の工場に定期的に出向き、衛生管理のチェックと指導を行っています。

自動ライン(トンネルフリーザー対応)
その他製造ライン(急速冷凍庫対応)について

自動ラインはトンネルフリーザー(凍結機)と自動包装機を導入することで、袋に詰めるまでのライン工程を自動化しています。そのことにより細菌の繁殖や異物混入を防いでいます。
その他製造ラインは急速冷凍庫対応となりますが、冷凍庫の定期的な温度チェックを行うことで品質維持に努めています。

入室時の衛生管理について(消毒・殺菌・防塵)

工場に入る前に社内で取り決めたセキュリティ項目を各自でチェックし、品質管理の許可を受けた人のみが入れるようになっています。
白衣に着替え、髪の毛はインナーキャップをし、その上からさらにキャップをかぶり二重にしています。準備ができたらまず2人一組でローラー掛けをし、ホコリや毛髪を取り除きます。次に爪ブラシを使用し、手・指を洗浄、ゴム手袋、マスクを着用します。工場に入る前に必ず手(手袋)をアルコール消毒、エアシャワーを浴びなければ入ることはできません。
エアシャワーはローラー掛けで取りきれなかったホコリや毛髪を空気により取り除きます。また、入退室の経路を一方通行にすることで、異物の侵入を未然に防いでいます。

工場内の衛生管理について(器具洗浄、消毒、清掃)

仕込作業終了後、器具や機械は担当者が丁寧に洗浄しています。
工場内で作業する際は手袋を着用していますが、作業中はこまめにアルコール消毒をしています。
また作業終了後は清掃時間を設け、常に清潔で衛生的な作業環境の維持につとめています。

食品の衛生管理について(温度管理)

温度管理も食品衛生管理には重要なポイントです。具材のミキシング後の芯温チェック、蒸し上がり温度、放冷した後の芯温チェック、冷凍保管庫の温度チェック、材料の保管温度管理など多くの箇所で温度をチェックしています。温度は記録表に残し、異常がある場合はすぐに対処できるシステムになっています。
徹底した温度管理は細菌の繁殖防止を目的としています。

X線検査装置について

異物混入のリスクを最小限に抑えるためにX線検査装置を導入しています。本装置に商品が通るとX線を通して商品を透視し異物があれば自動的にラインから商品を取り除く事が可能です。
万が一異物が入っていた場合は、透視画像を透してその都度確認する事も出来まるため、機械と人間の双方のチェック体制により安全性確保に努めています。
※一部餃子製品に限る。