Rice to Sheet「シート状のご飯」のご紹介です。

おにぎらずのレシピ集

  • HOME »
  • おにぎらずのレシピ集

 おにぎらずのレシピ集

株式会社ヨコミゾの「はさめるご飯くん」を使えば、おにぎらずが簡単に作れます。
こちらのページでは、おにぎらずの簡単レシピをご紹介します。下の写真をクリックして下さい。

スパムおにぎらずオムそばおにぎらずrecipe_wiener納豆入りおにぎらずちくわキュウリおにぎらずとり天南蛮おにぎらずハンバーグおにぎらずとり玉そぼろおにぎらずアボカド&シュリンプおにぎらずたまご野菜おにぎらず

スパムおにぎらず

スパムおにぎらず

材料:

はさめるご飯くん 2枚
全形海苔 1枚
スパム(お好みの厚さ) 1枚
たまご 1個
レタス 1枚
サラダ油、塩、コショウ 適量
マヨネーズ お好みで

 作り方:

  1. フライパンを熱してサラダ油を敷き、目玉焼きを作ります。=両目焼き
    同じフライパンでスバムを焼き、塩コショウを軽く振ります。
  2. 「はさめるご飯くん」を平らなお皿に2枚”重ねずに置き”ラップをして電子レンジで温め、まな板や調理台など平らなところにラップを敷きます。ラップの上に海苔をひし形の向きに置きます(お好みで海苔の上に軽く塩を振ってください)。「はさめるご飯くん」を1枚正方形の向きに置きます。
  3. 「はさめるご飯くん」の上にレタスを一口大にちぎってのせます。スバム、目玉焼きの順で重ね、最後にもう1枚のライスシートをのせます。
  4. 最初に手前の海苔を中心に向けて包みます。次に両サイドの海苔を中心に向けて包みます。この時に、海苔が破れない程度に少しきつく包むと挟んだ具材が崩れにくくなります。手前、両サイドから包んだ海苔の中心を軽く押さえながら向こう側に反転させます。最後に下に敷いていたラップで全体を包み、形を整えます。
  5. ラップに包んだまま、好みの形に包丁でカットします。
    ※ 包丁にごはんがつきやすいため、濡れぶきんもしくはキッチンペーパーを湿らせたものを用意して、包丁を湿らせてからカットすると崩れにくくなります。
    ※ 包丁の先を小刻みに動かしながらカットするのがコツです。
    ※ お好みでレタスを敷く前に「はさめるご飯くん」にマヨネーズを塗ってください。

オムそばおにぎらず

オムそばおにぎらず

材料:

はさめるご飯くん 2枚
全形海苔 1枚
焼きそば 1/4
キャベツ、もやしなど
お好みの具材
たまご 1個
サラダ油
紅しょうが お好みで

 作り方:

  1. オムそば入りおぎらずたまごをボールに割り入れほぐします。フライパンを熱し、たまごを入れて薄焼きたまごを作ります。焼けたらラップの上に広げさましておきます。「はさめるご飯くん」全体を包むので大きめのフライパンを使用して下さい。お好みの具材で焼きそばを作ります。
  2. 「はさめるご飯くん」を平らなお皿に2枚”重ねずに置き”ラップをして電子レンジで温めます。薄焼きたまごの中心に、「はさめるご飯くん」1枚を置き、上に焼きそばを均等に広げ、お好みで刻んだ紅しょうがをのせます。最後にもう1枚の「はさめるご飯くん」をのせます。
  3. おむそばおにぎらず薄焼きたまごで「はさめるご飯くん」を包みます。
  4. ラップの上に海苔を置きます(お好みで塩を軽く振って下さい)。
    3のたまごで包んだ「はさめるご飯くん」を海苔の中心に置きます。
  5. 最初に手前の海苔を中心に向けて包みます。次に両サイドの海苔を中心に向けて包みます。この時に、海苔が破れない程度に少しきつく包むと挟んだ具材が崩れにくくなります。手前、両サイドから包んだ海苔の中心を軽く押さえながら向こう側に反転させます。最後に下に敷いていたラップで全体を包み、形を整えます。
  6. ラップに包んだまま、好みの形に包丁でカットします。
    ※ 包丁にごはんがつきやすいため、濡れぶきんもしくはキッチンペーパーを湿らせたものを用意して、包丁を湿らせてからカットすると崩れにくくなります。
    ※ 包丁の先を小刻みに動かしながらカットするのがコツです。

ウインナーおにぎらず

 ウインナーおにぎらず

材料:

はさめるご飯くん 2枚
全形海苔 1枚
チーズインウインナー
(普通のウインナーでもOK)
2本
カニカマ 2つ
いんげん 4本
サラダ油 適量

 作り方:

  1. フライパンを熱してサラダ油を適量敷き、ウインナーを炒めます。いんげんを下茹でしておきます。
  2. 「はさめるご飯くん」を平らなお皿に2枚”重ねずに置き”ラップをして電子レンジで温め、まな板や調理台など平らなところにラップを敷きます。ラップの上に海苔をひし形の向きに置きます(お好みで海苔の上に塩を軽く振って下さい)。「はさめるご飯くん」を1枚正方形の向きに置きます。
  3. ウィンナー入りおにぎらず「はさめるご飯くん」を1枚敷き、上にウインナー2本を真ん中、左右に間隔を空けて並べます。ウインナーの両脇にカニカマといんげんを並べます。最後にもう1枚の「はさめるご飯くん」をのせます。
  4. 最初に手前の海苔を中心に向けて包みます。次に両サイドの海苔を中心に向けて包みます。この時に、海苔が破れない程度に少しきつく包むと挟んだ具材が崩れにくくなります。手前、両サイドから包んだ海苔の中心を軽く押さえながら向こう側に反転させます。最後に下に敷いていたラップで全体を包み、形を整えます。
  5. ラップに包んだまま、好みの形に包丁でカットします。
    ※ 包丁にごはんがつきやすいため、濡れぶきんもしくはキッチンペーパーを湿らせたものを用意して、包丁を湿らせてからカットすると崩れにくくなります。
    ※ 包丁の先を小刻みに動かしながらカットするのがコツです。

納豆たくあんおにぎらず

納豆入りおにぎらず

材料:

はさめるご飯くん 2枚
全形海苔 1枚
納豆 大さじ2
たくあん 適量
大葉 2枚

 作り方:

  1. 納豆は備えつけのタレとからめておきます。たくあんは細かく刻んでおきます。
  2. 「はさめるご飯くん」を平らなお皿に2枚”重ねずに置き”ラップをして電子レンジで温め、まな板や調理台など平らなところにラップを敷きます。ラップの上に海苔をひし形の向きに置きます(お好みで海苔の上に塩を軽く振ります)。ライスシートを1枚正方形の向きに置きます。
  3. 納豆たくあん入りおにぎらず「はさめるご飯くん」1枚の上に大葉、納豆、たくあん、大葉の順で重ねます。最後にもう1枚の「はさめるご飯くん」をのせます。
  4. 最初に手前の海苔を中心に向けて包みます。次に両サイドの海苔を中心に向けて包みます。この時に、海苔が破れない程度に少しきつく包むと挟んだ具材が崩れにくくなります。手前、両サイドから包んだ海苔の中心を軽く押さえながら向こう側に反転させます。最後に下に敷いていたラップで全体を包み、形を整えます。
  5. ラップに包んだまま、好みの形に包丁でカットします。
    ※ 包丁にごはんがつきやすいため、濡れぶきんもしくはキッチンペーパーを湿らせたものを用意して、包丁を湿らせてからカットすると崩れにくくなります。
    ※ 包丁の先を小刻みに動かしながらカットするのがコツです。

ちくわキュウリおにぎらず

ちくわキュウリおにぎらず

材料:

はさめるご飯くん 2枚
全形海苔 1枚
小さめのちくわ 2本
きゅうり細切り
(ちくわに詰めるサイズ)
2本
カニカマ 2本

 作り方:

  1. ちくわにキュウリを詰めます。
  2. 「はさめるご飯くん」を平らなお皿に2枚”重ねずに置き”ラップをして電子レンジで温め、まな板や調理台など平らなところにラップを敷きます。ラップの上に海苔をひし形の向きに置きます(お好みで海苔の上に塩を軽く振ります)。「はさめるご飯くん」を1枚正方形の向きに置きます。
  3. ちくわキュウリおにぎらず「はさめるご飯くん」の上にちくわ2本を間隔を空けて並べます。ちくわの隙間にカニカマを並べます。最後にもう1枚の「はさめるご飯くん」をのせます。
  4. 最初に手前の海苔を中心に向けて包みます。次に両サイドの海苔を中心に向けて包みます。この時に、海苔が破れない程度に少しきつく包むと挟んだ具材が崩れにくくなります。手前、両サイドから包んだ海苔の中心を軽く押さえながら向こう側に反転させます。最後に下に敷いていたラップで全体を包み、形を整えます。
  5. ラップに包んだまま、好みの形に包丁でカットします。
    ※ 包丁にごはんがつきやすいため、濡れぶきんもしくはキッチンペーパーを湿らせたものを用意して、包丁を湿らせてからカットすると崩れにくくなります。
    ※ 包丁の先を小刻みに動かしながらカットするのがコツです。

とり天南蛮おにぎらず

とり天南蛮おにぎらず

材料:

はさめるご飯くん 2枚
全形海苔 1枚
とり天(唐揚げでもOK) 適量
大葉 2枚
青ネギ、マヨネーズ、ごま 適量

 作り方:

  1. 「はさめるご飯くん」を平らなお皿に2枚”重ねずに置き”ラップをして電子レンジで温め、まな板や調理台など平らなところにラップを敷きます。ラップの上に海苔をひし形の向きに置きます(お好みで海苔の上に塩を軽くふります)。「はさめるご飯くん」を1枚正方形の向きに置きます。
  2. とり天入りおにぎらず「はさめるご飯くん」の上に大葉1枚を敷き、とり天を並べます。とり天の上にもう1枚の大葉をのせ、最後にもう1枚の「はさめるご飯くん」をのせます。
  3. 最初に手前の海苔を中心に向けて包みます。次に両サイドの海苔を中心に向けて包みます。この時に、海苔が破れない程度に少しきつく包むと挟んだ具材が崩れにくくなります。手前、両サイドから包んだ海苔の中心を軽く押さえながら向こう側に反転させます。最後に下に敷いていたラップで全体を包み、形を整えます。
  4. ラップに包んだまま、好みの形に包丁でカットします。
    ※ 包丁にごはんがつきやすいため、濡れぶきんもしくはキッチンペーパーを湿らせたものを用意して、包丁を湿らせてからカットすると崩れにくくなります。
    ※ 包丁の先を小刻みに動かしながらカットするのがコツです。
  5. 切り口にマヨネーズ、青ネギ、ごまを適量のせます。

ハンバーグおにぎらず

ハンバーグおにぎらず

材料:

はさめるご飯くん 2枚
全形海苔 1枚
ハンバーグ 1個
レタス 1枚
トマトスライス 2枚

 作り方:

  1. 「はさめるご飯くん」を平らなお皿に2枚”重ねずに置き”ラップをして電子レンジで温め、まな板や調理台など平らなところにラップを敷きます。ラップの上に海苔をひし形の向きに置きます(お好みで海苔の上に塩を軽く振ります)。「はさめるご飯くん」を1枚正方形の向きに置きます。
  2. ハンバーグおにぎらず「はさめるご飯くん」の上にレタス、ハンバーグ、トマトスライスを重ねて敷きます。最後にもう1枚の「はさめるご飯くん」をのせます。
  3. 最初に手前の海苔を中心に向けて包みます。次に両サイドの海苔を中心に向けて包みます。この時に、海苔が破れない程度に少しきつく包むと挟んだ具材が崩れにくくなります。手前、両サイドから包んだ海苔の中心を軽く押さえながら向こう側に反転させます。最後に下に敷いていたラップで全体を包み、形を整えます。
  4. ラップに包んだまま、好みの形に包丁でカットします。
    ※ 包丁にごはんがつきやすいため、濡れぶきんもしくはキッチンペーパーを湿らせたものを用意して、包丁を湿らせてからカットすると崩れにくくなります。
    ※ 包丁の先を小刻みに動かしながらカットするのがコツです。

とり玉そぼろおにぎらず

とり玉そぼろおにぎらず

材料:

はさめるご飯くん 2枚
全形海苔 1枚
とりそぼろ 適量
大葉 1枚
たまご 1個
いんげん(下ゆで済) 適量
サラダ油 適量

 作り方:

  1. たまご1個をボールに割り入れほぐします。フライパンを熱し薄焼きたまごをつくります。冷めたら細切りにしておきます。
    ※ 炒り卵でもOKです。
  2. 「はさめるご飯くん」を平らなお皿に2枚”重ねずに置き”ラップをして電子レンジで温め、まな板や調理台など平らなところにラップを敷きます。ラップの上に海苔をひし形の向きに置きます(お好みで海苔の上に塩を軽く振ります)。海苔の上に「はさめるご飯くん」を1枚正方形の向きに置きます。
  3. とり玉そぼろおにぎらずそぼろ適量、大葉、細切りにした薄焼きたまご、いんげんの順で重ねます。最後にもう1枚の「はさめるご飯くん」をのせます。
  4. 最初に手前の海苔を中心に向けて包みます。次に両サイドの海苔を中心に向けて包みます。この時に、海苔が破れない程度に少しきつく包むと挟んだ具材が崩れにくくなります。手前、両サイドから包んだ海苔の中心を軽く押さえながら向こう側に反転させます。最後に下に敷いていたラップで全体を包み、形を整えます。
  5. ラップに包んだまま、好みの形に包丁でカットします。
    ※ 包丁にごはんがつきやすいため、濡れぶきんもしくはキッチンペーパーを湿らせたものを用意して、包丁を湿らせてからカットすると崩れにくくなります。
    ※ 包丁の先を小刻みに動かしながらカットするのがコツです。

アボカドシュリンプおにぎらず

アボカド&シュリンプおにぎらず

材料:

はさめるご飯くん 2枚
全形海苔 1枚
アボカド 1/2個
エビ
マヨネーズ 適量

 作り方:

  1. アボカドは3mm位にスライスしておきます。
  2. 「はさめるご飯くん」を平らなお皿に2枚”重ねずに置き”ラップをして電子レンジで温め、まな板や調理台など平らなところにラップを敷きます。ラップの上に海苔をひし形の向きに置きます(お好みで海苔の上に塩を軽く振ります)。海苔の上に「はさめるご飯くん」を1枚正方形の向きに置きます。
  3. 「はさめるご飯くん」の上にアボカドスライス、エビの順に重ねます。最後にもう1枚のライスシートをのせます。
  4. 最初に手前の海苔を中心に向けて包みます。次に両サイドの海苔を中心に向けて包みます。この時に、海苔が破れない程度に少しきつく包むと挟んだ具材が崩れにくくなります。手前、両サイドから包んだ海苔の中心を軽く押さえながら向こう側に反転させます。最後に下に敷いていたラップで全体を包み、形を整えます。
  5. ラップに包んだまま、好みの形に包丁でカットします。
    ※ 包丁にごはんがつきやすいため、濡れぶきんもしくはキッチンペーパーを湿らせたものを用意して、包丁を湿らせてからカットすると崩れにくくなります。
    ※ 包丁の先を小刻みに動かしながらカットするのがコツです。

たまご野菜おにぎらず

たまご野菜おにぎらず

材料:

はさめるご飯くん 2枚
全形海苔 1枚
ゆでたまご 1個
キュウリ 1/2本
レタス 1枚
トマトスライス 2枚
マヨネーズ 適量

 作り方:

  1. ゆでたまごは薄切りスライスしておきます。キュウリは斜め切りのスライスにします。
  2. 「はさめるご飯くん」を平らなお皿に2枚”重ねずに置き”ラップをして電子レンジで温め、まな板や調理台など平らなところにラップを敷きます。ラップの上に海苔をひし形の向きに置きます(お好みで海苔の上に塩を軽く振ります)。海苔の上に「はさめるご飯くん」を1枚正方形の向きに置きます。
  3. たまご野菜おにぎらず「はさめるご飯くん」1枚の上にマヨネーズを塗ります。レタスを敷き、トマトスライス、キュウリスライス、たまごスライスを重ねます。最後にもう1枚の「はさめるご飯くん」をのせます。
    ※ トマトスライスはタネを取り除くと水分が出にくくなります。
  4. 最初に手前の海苔を中心に向けて包みます。次に両サイドの海苔を中心に向けて包みます。この時に、海苔が破れない程度に少しきつく包むと挟んだ具材が崩れにくくなります。手前、両サイドから包んだ海苔の中心を軽く押さえながら向こう側に反転させます。最後に下に敷いていたラップで全体を包み、形を整えます。
  5. ラップに包んだまま、好みの形に包丁でカットします。
    ※ 包丁にごはんがつきやすいため、濡れぶきんもしくはキッチンペーパーを湿らせたものを用意して、包丁を湿らせてからカットすると崩れにくくなります。
    ※ 包丁の先を小刻みに動かしながらカットするのがコツです。

 

 

 

 

 

Rice to Sheetについてのお問い合わせは
 
TEL 080-3695-9881 担当:小野田
 

お気軽にお問い合わせください

PAGETOP
Copyright © 株式会社ヨコミゾ All Rights Reserved.